スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潰瘍の悪化

昨日の写真のUpとは雲泥です。

今朝、突然目が開かなくなってしまいました。
その上グッタリしていました。
(朝ご飯は何とか食べたけど・・・)

本当はカットで病院に連れて行く予定でしたが
診察に切り替わりました。

目を開けてくれないのと、もう怖くて直視出来なくて。

病院に行って、とりあえずお目目を洗いましょう、と
私は待合室へ。
長く長く長く・・・待ちました。

血液検査をしたのでしばらくお待ちください。

血液検査の結果が出るまで私は死ぬ思いで待ちました。
もしかしたら、今朝のグッタリは
赤血球が減ってしまったのではないか
何か違う細胞を攻撃しだしたのではないか
残念ながら・・・と言われるのではないか。

もう泣きそうになりながら待ちました。

検査結果は
赤血球474(329)
HCT値37.7(27.1)
血小板40.2(96.3)

GOTやGPTの数値は良くないです。
でもこれはステロイドによる誘導と考えられるので、さておきとして。

血小板は平常値に、赤血球は平常値より少ないけど
それでも前回比で考えればかなりイイです。

なぜ今日血液検査をしたかというと
ギルの目についてが重要でした。

今の数値なら麻酔にも耐えうる身体と思って良いので
眼科医専門に受診するようにすすめられました。

後は眼科医の先生がどう診断するかによります。

かかりつけの先生はデスメ膜が出てしまったと診断しました。
デスメ膜が元に戻せるのかどうか
何か別の処置をするのかどうか
犬用のコンタクトレンズを使って、瞼を縫合したり。

今後はグっと治療の幅が広がると思われます。

私は辛くて辛くて、泣きました。

だけどココで負けるわけにはいかないのだ。
ココで私が諦めるわけにはいかない。

もうどんなに辛くても、逃げるわけにはいかないのだ。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

★プロフィール

はろぎる

Author:はろぎる
神奈川県在住。ワンコ・カメラ・
グルメ・スピッツ・くるり好き♪
愛機はEOS7D&PEN Lite&
トイデジ、トイカメラ各種です
*画像:Megさん作です

★Twitter

★FC2カウンター

★お手紙はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

★ハロギルさん紹介

         
ハロ♀                 ギル♂
*2001年11月24日生まれ     *2002年4月27日生まれ
*ワガママお姫様           *天真爛漫 人、ワンコ大好き
*不審者には一応吠える番犬役  *コワイもの ハロ様

★バナー

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。