スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルの眼と血液検査の結果

特発性血小板減少症を発病した時、右目の潰瘍も見つかっていました。
小さいながらも眼球に穴が開いていたのです。

フローレス試験をしたとき、そこまでの悪化はなかったので
ヒアルロン酸の目薬で対応していく形になりました。

先週水曜日の夜、潰瘍の部分が少しおかしくなってることに気付きました。
良く見ると眼球下部に白いものがある・・・。

物凄くイヤな予感がした。
不安がまたもドスンと乗っかってきた。

翌日はかかりつけがお休み。(また・・・汗)

グっとこらえて土曜日まで待つことにしたものの
眼球下部の白いものがどんどん大きくなる。
それこそ、目の全てを覆ってしまうのではないかと思ったほど。

神様は私のギルをどんどん奪って行く。
ギルとのボール遊びが大好きだったのに、ギルからボール遊びを奪った。
いつも元気なギルが大好きだったのに、元気さえも奪った。
ギルの飴色の大きな眼が大好きだったのに、眼さえも奪うのだろうか。

そんな事を思いながら、かかりつけに行った。

前眼房蓄膿。
元々あった潰瘍からバイ菌が前房に(前房とは角膜のすぐ下)入ってしまって
膿がたまってしまうこと。
膿は重いので、下部に溜まるんだそう・・・。
病名を言われた途端に溜め息と共に落胆の色を隠せない私。
007_20150525115254c8a.jpg
右目下部が白いのお分かりになりましょうか?

シーズーは眼の病気がとても多いこと、普通の目薬ではなかなか効果が得られないこと。
結局、血清で目薬を作ってもらうことになりました。

血清を取るならば、と恐らく先生の中ではまだ先にしようと思っていた血液検査を
一緒にしてくれました。

()内は前回値
BUN:41.2(71.0)
GOT:55(48)
GPT:248(79)
ALP:781(128)
カルシューム12.5(10..2)
リン:6.5(4.1)
白血球:246(204)
赤血球:329(211)
HCT値:27.1(16.2)
血小板:96.3(2.7)

BUN、GOT、GPT、ALP、白血球についてはステロイドを使っていることが原因であるとの事。
数値が上がっていてもステロイドからの誘導なので、この数値は先生からしたら想定内。

赤血球もHCT値も、平均レベルから考えたらまだまだ低いけれど
前回値と比べたら私にとっては奇跡の数字。
HCT値は15%切ったら輸血というレベルだったので、27%になっててくれて
本当に嬉しい。

30%超えるまでは酸素ハウスが必要かな、と仰ってました。
酸素ハウスから出れるようになれば、人間の体力的に随分と楽になります。
お金はかかってもいいんだけど・・・
オシッコ行きたい時に行けないとか、温度の調整とか
色々神経使ってるので、でもそれももうちょっとかもしれないな・・・。

そして血小板ですが、平均が20~50万ですから96.3万って・・・!!!
それにしても増えすぎだろう!
と思いましたが、だいたいどの子もいきなりグンと上がるそうなんです。
その後徐々に平均値に落ちていくんだそう。
他の子のグラフも見せてもらいましたが、同じように変動していました。

お腹の紫斑はほぼ無くなってキレイになりました。

まだまだこれから長い闘病生活になりますが、
少しでもお薬が苦にならないようなご飯を作ったり
私がもっと病気のことを理解したり
ギルが安心出来るような生活を送っていけるように頑張ります。

私はギルが可愛くて仕方がないんです。
(注:もちろんハロ様もです。はっちゃんは・・・現在愛情育み中
そりゃ、13年と1年の差はそうは縮まらないでしょうよ)

ギルが大好きです。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

★プロフィール

はろぎる

Author:はろぎる
神奈川県在住。ワンコ・カメラ・
グルメ・スピッツ・くるり好き♪
愛機はEOS7D&PEN Lite&
トイデジ、トイカメラ各種です
*画像:Megさん作です

★Twitter

★FC2カウンター

★お手紙はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

★ハロギルさん紹介

         
ハロ♀                 ギル♂
*2001年11月24日生まれ     *2002年4月27日生まれ
*ワガママお姫様           *天真爛漫 人、ワンコ大好き
*不審者には一応吠える番犬役  *コワイもの ハロ様

★バナー

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。