スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己免疫介在性溶血性貧血の併発

昨晩は殆ど寝られませんでした。

16日
元々かかりつけに行く予定でいたのと、もちろん貧血の可能性が色濃く疑われていたので
朝一番で向かいました。

病院へつくと看護師さんから
昨日かかった先生からメールが届いてます、その後いかがですか?
と聞かれて、その通り伝えた。

即座に血液検査。
検査結果は覚悟していたものの、想像をはるかに越える結果でした。

自己免疫介在性溶血性貧血の併発と在宅での酸素療法。

特発性血小板減少症紫斑病から自己免疫介在性溶血性貧血を併発するのは
5頭に1頭の割合。
血小板が減少しているだけならそこまで大きな問題はないけれど
ここに貧血が入ってきたらもう話は別です。

BUN:71.0(前回:77.4)(平均値:9~31)
軽度の高窒素血症
これは前回とさほど変動は見られていません。

ところが赤血球数
211万(前回:645)(平均:550~850万)
ヘマトクリット値16.2%

血小板は1万だったところ2.7万までは増えていたけど
赤血球が・・・。

酸素ハウスをとりあえず手配して、今旦那ちゃんが取りに行ってくれています。
先生からちゃんと説明は受けたのに、文章が書けません。
何をどう書いたらいいのかが分からないのです。

ただ、吐き気も無く内臓の機能は低下していないので
無理してでも食べさせるように言われました。
病院からはシリンジを貰い、帰宅後すぐに手作りフードを作り
ミキサーでつぶしでシリンジで与えたら食べてくれました。

ポカリもシリンジからなら飲めます。

ギルは今物凄く頑張ってくれていて
見ているだけで辛い。
酸素ハウスとステロイドの効果がどうか出てくれますように・・・。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

★プロフィール

はろぎる

Author:はろぎる
神奈川県在住。ワンコ・カメラ・
グルメ・スピッツ・くるり好き♪
愛機はEOS7D&PEN Lite&
トイデジ、トイカメラ各種です
*画像:Megさん作です

★Twitter

★FC2カウンター

★お手紙はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

★ハロギルさん紹介

         
ハロ♀                 ギル♂
*2001年11月24日生まれ     *2002年4月27日生まれ
*ワガママお姫様           *天真爛漫 人、ワンコ大好き
*不審者には一応吠える番犬役  *コワイもの ハロ様

★バナー

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。