スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステロイドの効果

ステロイドを投与して5日目の日曜日。

相変わらず、動けない。動かない。
ギルは確かに散歩には行けないけれど、だからってハロ様も散歩に行けない訳ではない。
元気なときはハロだけ連れて出るととてもイヤそうな顔をして
落ち着かなくなった。
なのでハロだけを連れて散歩に出るのをとてもヒヤヒヤしました。

ところがハロだけをそーっと連れ出すのに気付いても
「いってらっしゃい」
という顔をするギル。
追うそぶりを見せるわけでもない。

飼い主が言うのも何だが、ギルは絶対私を困らせるようなことはしない。
空気を読んでるんだろうと思う。

30日月曜日は久々に仕事に行った。
でもやっぱり心配だったので、昼間一度帰って来てみた。
もっと喜んでくれると思ったんだけど、

「あれ?なんで帰って来たの?」

と、結構知らん振り。こういうとこはシーズーっぽい。

おトイレに外に連れてってみた。
ずっと家にいると気が滅入ってくるだろうし、いい気分転換になってくれればと思った。
身体を揺らしながら1分とたたずにシッコ。
その揺れ方が辛そうに見える。
ウンチはだいたい1日おきに出している。
それも自分の意志でトイレに行けるようになったので、少しだけ安心していた。

仕事に一度戻り、帰宅すると立ち上がって尻尾振ってくれた。
立ち上がって出迎えてくれたのは1週間ぶり。
このときから急激に・・・ではないけれどゆっくりとゆっくりと
薬の効果が出てきたようだった。

31日はどうしても出かけなければならなかったので、出かけるギリギリまで一緒に居た。
パンが欲しい。何を食べてるの?横で寝たい
とアピールをしてくるようになった。
ずっと同じとこで寝返りだけうちながら寝ていた生活から
ベッドの横に出てみたり、数歩動いてみたりと出来るように。

そして今日。
シッコをしに外に出してみたら、足を上げてみる素振りを見せた。
オイオイ、と慌てて上げさせなかったけど
足を上げよう、という気持ちになってくれたことがだいぶ嬉しい。
それに、耳が掻けるようになった。

今日で薬が終わるので、病院へ診察を受けに。
本当は飼い主だけでよかったんだけど、ギルも診て欲しかったので
旦那ちゃんの帰宅を待って一緒に病院へ。

先生は1週間前に見たギルより少し元気になっていたので
たいそう喜んでくれた。
自分でトイレ行けるの?スゴイね。と褒めてくれた。

ギルはとても嬉しそうに身体を揺らした。

今日から3週間かけてステロイドを1日おきに投与。
だんだんとステロイドを減らす方向で3週間過ごしていく。

何か心配なことは?と聞かれたのでケージレストのことを聞いて見た。
確かに安静に、というのはとても大切なことだけど
無理することはないと言ってくれた。

ステロイドは確かに強い薬だと思う。
使うことに抵抗はないと言えば嘘になる。
けれど、今のギルの顔を見ていると本当に思う。
私の精神状態が最悪で、ギルはあんな顔をしていたんだろうと思う。
不安そうで、辛そうで。今にも泣き出しそうな顔をしていた。

最低限の痛みを緩和してあげられることで、気持ちのゆとりに繋がる。

飼い主の気持ちが揺れてればギルもどうしていいか分からなかったのだろう。
わけも分からずにあちこち連れて行かれて、文句も言わず我慢していたギル。
あれだけ抱っこが嫌いなのに、病院ではおとなしく抱かれていた。

ゆっくりと焦らずに一緒に治して行こう。
壁にぶちあたるかもしれないけれど、その都度最大限に頑張って行こう。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

★プロフィール

はろぎる

Author:はろぎる
神奈川県在住。ワンコ・カメラ・
グルメ・スピッツ・くるり好き♪
愛機はEOS7D&PEN Lite&
トイデジ、トイカメラ各種です
*画像:Megさん作です

★Twitter

★FC2カウンター

★お手紙はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

★ハロギルさん紹介

         
ハロ♀                 ギル♂
*2001年11月24日生まれ     *2002年4月27日生まれ
*ワガママお姫様           *天真爛漫 人、ワンコ大好き
*不審者には一応吠える番犬役  *コワイもの ハロ様

★バナー

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。