スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるりワンマンライブツアー2012~Clear Water Japonês~@水戸LIGHT HOUSE ~其の二

  • 2012/06/30 09:34
  • Category: music
ちょっと会場をしっとりさせた後はHOME TOWNでドカンと上げる。
HOME TOWNってこんなにカッコいい曲だったんだ~と改めて思う。
省念くんと岸田くんのプレイが絶妙すぎて2人から目が離せなかった。
これぞくるり、と見せつけられるクオリティに圧倒されてしまった。

WHITE OUT HEAVY METAL、ブレーメン、 crab. reactor. future.
ばらの花と演奏して

HOW TO GO。
こんなにライブ映えする曲だったんだー。
別世界に連れて行かれちゃったような感覚。あの時間は水戸じゃなかった(笑)
演奏終わった後に、岸田くんは
「くるりがやっとバンドになれました。嬉しい」と語った。
HOW TO GOはバンドやないと演奏出来ないんですよ、と。

本編を通して聞いて、くるりは4人になったんだなと心から思った。
去年のZEPP、新木場の時はまだ・・・
心のどこかで岸田くんとマ社長が居ればくるりだしって思ってたけど
ファンちゃんと省念くんが居なければもうくるりじゃないなと。
2人の存在が見違える位大きくなってた。

はぁ~、今回のツアー当たって本当に良かった。
東京無いのかよーって半分諦めつつ水戸に申し込んでみちゃった、な申込みだったけど
往復5時間運転して行く、いやそれ以上の価値があった。

水戸のお客さんもノリが良かったし、とっても温かかったな~。
客席からありがとう~って声が沢山聞こえた。
なんかココに居る全員がくるり大好き!みたいな温度で。

glory daysで本編終了。
アルバム入れた方がいい!とお客さんからアドバイス貰って(笑)
メンバーは戻って行きました。

もちろんアンコール。
最後の曲はみんなでちょっと練習して、全員合唱。

19曲か~、あっという間でした。

LIGHTHOUSEを出るとキレイな半月が出迎えてくれました。
スカイツリーや沢山の人が灯す光で都内に戻って来たという実感。

今思い出してもあんなに素晴らしいライブ
本当に行ったんだっけ?って思ってしまうくらい、夢見心地です。
0時位に帰宅、結局何も食べずに寝て
翌朝もご飯が食べられなかった。

満たされ過ぎちゃってて、全てが満腹状態。

岸田くんのツヤ肌も、キモ~い顔も、飛び散る汗も、もちろんエクボも
スポットライトに輝く髪も、穴が開くほど見て来た。
頭から足の先まで見てられるって本当に幸せよね。

仕方ないのでFCツアーにハズれたことは帳消しにしてあげよう。

気が抜けて抜けて、甘くなったジンジャーエールの様な数日間ですが
来週のスカパラに向けてまた前を向いて行かないと。

くるり、ありがとう~!!


セットリスト
1. everybody feels the same
2. chili pepper japones
3. トレイン・ロック・フェスティバル
4. すけべな女の子
5. argentina
6. dancing shoes
7. シャツを洗えば
8. 春風
9. my sunrise
10. HOME TOWN
11. WHITE OUT HEAVY METAL
12. ブレーメン
13. crab. reactor. future.
14. ばらの花
15. How To Go
16. glory days


EN1. コンチネンタル
EN2. ワンダーフォーゲル
EM3. everybody feels the same
スポンサーサイト

Pagination

Utility

★プロフィール

はろぎる

Author:はろぎる
神奈川県在住。ワンコ・カメラ・
グルメ・スピッツ・くるり好き♪
愛機はEOS7D&PEN Lite&
トイデジ、トイカメラ各種です
*画像:Megさん作です

★Twitter

★FC2カウンター

★お手紙はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

★ハロギルさん紹介

         
ハロ♀                 ギル♂
*2001年11月24日生まれ     *2002年4月27日生まれ
*ワガママお姫様           *天真爛漫 人、ワンコ大好き
*不審者には一応吠える番犬役  *コワイもの ハロ様

★バナー

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。