スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live Image2012@東京国際フォーラム

  • 2012/05/20 09:33
  • Category: music
写真、全く関係ございません。あしからず。


昨日は・・・ImageってCDあるでしょ?
あれのLiveだったんです。

えー?クラシックなんて行くの?と思ったそこのアナタ!
わたくし、意外と幅広いんですのよ。オホホホホ。
lomography (31)

友人のTちゃんが行きたい、と私を誘ってくれたのは半年位前?
葉加瀬太郎さんのバイオリンが聴きたい、とのことでした。

日程も、出演メンバーも、っていうかImageのLiveってことも良くわかっておらず
葉加瀬さんのツアーだと思っていた私は「いーよー」と軽い返事。

そして2日程前に、「え?宮本笑里ちゃんも出るの?ゴンチチも????」
と知ったのでした。
私の適当さも恐ろしいことになってきた・・・。

ってな前置きは良しとして、17:30ちょい過ぎてライブはスタート。
席がど真ん中のど真ん中。しかも1階!
スゲー、イイ席でした。うふふ。

まずはバイオリニストのNAOTOさん。
とってもエネルギッシュなバイオリンを弾く方でした。
ロックテイストを織り交ぜたメロディーはクラシックという枠から
ビョンビョンとはみでた爽快なリズム。
ちょっと度肝を抜かれましたね。

続いては小松亮太さん。
バンドネオンという楽器で演奏される方です。
楽器の形はアコーディオンがコンパクトになった感じ。
音色が口では表現できない位、情感溢れる耳触りの良い音でした。
とっても素晴らしかったです。

3番手は宮本笑里ちゃん。
すっごい可愛い。衣装もステキ。
NAOTOさんとは全く違った繊細で女性らしい音色です。
光という曲は希望に満ち溢れている、まさに光みたいな曲でした。

続いてゴンチチさん。
放課後の音楽室を最初に演奏してくれたのですが、感動して涙が・・・。
あのーーーーー。音楽って本当にいいなってゴンチチの曲で改めて感じました。
そしてお二人がとても楽しそうに演奏してらして
余計に胸打つものがありました。

15分の休憩を挟んで第二部です。
viviter×solaris (32)


加古隆クァルテットの出番です。
ピアノ、チェロ、バイオリン、ビオラなんですが
前半のどの方とも違う楽器達の響き。
ベテランという言葉とも違う、肌になじむ優しい音でした。
楽器のナチュラルな音を聞かせてもらったと感じました。

スペシャルゲストさんやオーケストラのみの演奏もあって

羽毛田丈史さんの出番です。
初めてお聞きしたお名前でしたが、演奏曲は聴いたことある曲ばかり。
あんなドラマの曲からあんな番組の曲まで!
すっごい楽しかった。楽しくて仕方なかったです。

オーラスにボス、葉加瀬太郎さんが登場です。
ひまわりやらSomeone To Watch Over me。
いつもどこかで耳にしている曲達です。
そして最後は会場全体でスタンディングしての情熱大陸。
チョー盛り上がって最高に楽しかった!!

アンコールでは皆さん総出演の舞台。
マジで圧巻でした・・・。

座って聴ける音楽は私の人生でも稀ですが、
クラシックという音楽は1つの曲の中に喜怒哀楽があって
一つ一つのシーンが見えて来るような錯覚でした。
肌から音を感じることの出来るジャンルなんだなと思いました。

4時間弱ですよ?!なんていう美味しさ!
lomography (38)
お腹いっぱいで帰宅しました。

あと個人的に東京国際フォーラムの会場、すごい好きかも。
音の響き具合が私の耳にはすっごい合ってました。

Tちゃん~、ありがとね~。





ランキング参加しています♪
ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagination

Utility

★プロフィール

はろぎる

Author:はろぎる
神奈川県在住。ワンコ・カメラ・
グルメ・スピッツ・くるり好き♪
愛機はEOS7D&PEN Lite&
トイデジ、トイカメラ各種です
*画像:Megさん作です

★Twitter

★FC2カウンター

★お手紙はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

★ハロギルさん紹介

         
ハロ♀                 ギル♂
*2001年11月24日生まれ     *2002年4月27日生まれ
*ワガママお姫様           *天真爛漫 人、ワンコ大好き
*不審者には一応吠える番犬役  *コワイもの ハロ様

★バナー

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。