スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり zepptokyo~其の二~

  • 2011/08/07 00:01
  • Category: music
1日経って、チオビタのCMが流れるたびに泣きそうになるワタシです。

110805_21177E02.jpg


1、2、3曲とTOWER OF MUSIC LOVER2からの曲が流れて
MCになりました。

岸田クンと社長はコテコテの京都弁です。

「おおきに。ありがとう。」←関西弁だとありがとうの「と」が上がりますよね。
もぅ、たまらんのです。
生くるりは音楽も、MCも、岸田クンの声もとても温かい。
言葉の一つ一つに引き込まれてしまう程、温かさを感じました。
関西弁の親しみやすい、人懐こいイントネーションから来るものなのでしょうか。
きっとあのイントネーションに憧れている関東人は多いハズ。 
003_20110806122324.jpg

この曲が好き、という曲が多いのでセトリは相当良かった。
奇跡はきっと歌うだろうと思っていたけど、イントロ聴いた時に鳥肌立った。
「僕を許してね」という歌詞があるのだけど、感動して泣きそうになりました。
ついでに「いつもごめんね」も聴きたかったけどまぁ、仕方ない。
歌うかな?歌うかな?という期待は外れてしまったけれど、それでも満足なセトリでした。

お祭りわっしょい、ちょうど駅まで向かう車の中でかかっていて
テンション上がりまくっていたので生で聴けて血管が切れるかと思った。
メガネが・・・(笑)途中で落ちて曲の終わりまでメガネのない岸田クン。
それもカッコいい。キャーって叫んでしもた。
ずっと横濱ウインナー観ていたから余計かな。

演奏曲の全てに感想をつけたいとこだけど、それはやめておこう。

たまに裏返る岸田クンの声は生々しく感じた。
まるで何かを削っている様に歌う様は
時に恐ろしく 感動的で、体が震えあがるのを止められない。
岸田クン以外のメンバーを見たいと思いつつも、歌い出すと目線が外せなくなり
瞬きすら忘れてしまうほどに見入ってしまうのです。

くるりは拠点を京都に移してしまいました。
東京公演が「地方巡業」になってしまうのね(涙
ちょっと寂しい気もするけれど、「またな」って言われると嬉しくなります。

本編の最後を悟った時、時間が経つのが早すぎて受け入れるのに時間がかかりました。
もう終わり?! 周囲からも「エー」という声が響いた程。

ワンダーフォーゲルを演奏し終わった岸田くんは、京都弁のイントネーションで
「またな、ありがとう」と頭を深く下げ、袖に引っ込んでしまいました。

もちろんアンコールを願う客席。
最初はバラバラだった拍手も徐々に合って行く。
ZEPPは2700位入るけど、昨日は何人居たんだろうか・・・
少なく見積もっても2000人はゆうに超している人間の手拍子がリンクして行く様子は
会場の一体感を感じさせるには十分だった。
これがまたホールやアリーナともなれば合うハズもないんだけど
一般発売していないCD購入者限定ツアーということもあって同じ気持ちになれているような気がする。

この時の手拍子が後で私の両手に悪影響を及ぼすことになるとは知るよしもなく
私と彼女はリズミカルにたたき続けた。

凄い歓声の中、アンコールに入る前に社長だけ登場。
いつもの事らしいが物販コーナーが始まる。
CD買ってくれて更にチケットまで買ってくれてかなりの出費なのに申し訳ないけど
グッズの紹介をさせてね、という社長の爽やか笑顔とトークにメロメロの女性陣(多分) 
013_20110806122323.jpg

「買ったよー」なんて声をかけていたら知らない間に岸田クンがステージにおるし。
岸田クンに夢中でたまにあっ!!と思って社長を見るという状況だったため
物販コーナーで社長をたっぷり見れて良かった。
少し短く切ったサラサラストレートは良いニオイがして来そうな感じでした。
個人的にはあの位の長さでお願いしたいところだ。

アンコールは4曲。
弾き語り2曲とロックンロール。
ロックンロールで終わりと見せかけて・・・あと1曲だけ、と歌ったのが何と!

「東京」

行きの電車内で彼女と「東京は聴きたいね」と話していたので2人で顔を見て騒ぐ。
曲が、歌詞が、心を震わすので聴いていると切なくて苦しくなってくるのです。
パーパッパパッパーは何人の大合唱?と思う位みんなが歌っていました。

5人になってサスペンダースに勝るとも劣らないコーラスと
トランペットのアレンジ、ドラムの強さ、ツインギターと音の広がりや幅をとても感じました。
相変わらず声の高い社長にも脱帽でしたけど。

これからは夏フェスが増えて、ワンマンが少ないんだろうな~。
今度やるワンマンいつかな~。
次が決まってないと寂しくなっちゃうな~。
音博行きたいけど、京都はちと遠いしな。

今まで以上にくるりのファンになりました。
ため息が出てしまうほど、良かった。
深く深く頭を下げる岸田クンがとても印象的でした。

次回の地方巡業 「東京公演」をおりこうさんに待っていることにしよう。

今回のチケット、当たって本当に良かった。
チケットはGパンのポッケに入れたまま洗ってしまったけど、
独身だと思っていた岸田クンが結婚していると聞いてショックだったけど。
思い出したい思い出がまた増えた。

くるり、ありがとう(とは上げ気味で)
110805_21177E01.jpg

セットリスト
1.ブレーメン
2.シャツを洗えば
3.ハイウェイ
4.キャメル
5.さよならアメリカ
6.温泉
7.旅の途中
8.飴色の部屋
9.ばらの花
10.奇跡
11.新曲
12.リバー
13.お祭りわっしょい
14.コンバットダンス
15.ワンダーフォーゲル

ENCORE
1.太陽のブルース
2.鹿児島おはら節
3.ロックンロール
4.東京




次は新木場SUNSETだーーーーー。楽しみだーーーーー。
スピ様、解禁。
セトリ何だろうな~~~♪♪
曽我部も楽しみだったりするワタシ。サニーデイ相当聴いていたから。

くるり一緒に行った彼女と、また参戦します。

*こんなに文章書いたの久しぶりだな~。
相変わらず、国語力が低い。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

★プロフィール

はろぎる

Author:はろぎる
神奈川県在住。ワンコ・カメラ・
グルメ・スピッツ・くるり好き♪
愛機はEOS7D&PEN Lite&
トイデジ、トイカメラ各種です
*画像:Megさん作です

★Twitter

★FC2カウンター

★お手紙はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

★ハロギルさん紹介

         
ハロ♀                 ギル♂
*2001年11月24日生まれ     *2002年4月27日生まれ
*ワガママお姫様           *天真爛漫 人、ワンコ大好き
*不審者には一応吠える番犬役  *コワイもの ハロ様

★バナー

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。